近視に関する誤解 近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

近視の誤解 読書・勉強のしすぎで目が悪くなる

近視の誤解

勉強をしすぎると近視になる
勉強をし過ぎると、あるいは読書をしすぎると近視になるまたは、近視が進むと言われるが、これは、誤りである。

ただ「近視の人はよく勉強をする」とは言えるかもしれない。
近視の人はよく勉強をする説いた理由は、将来近視になる人は小学生のころの遠視が弱いので長時間勉強を続けても目が疲れにくく勉強の習慣が身に付きやすいが、逆に将来近視にならない人は小学生のころの遠視が強いので長時間勉強をすると目が疲れてしまい勉強の習慣が身に付きにくいということがいえるのではないでしょうか。

勉強や読書をしたくない人たちが、言い訳として、勉強・読書をしすぎると近視になるからしないと言い訳をしているだけのような気もします。

近視の誤解 本を読む姿勢側類と近視になる

近視の誤解

本を読む姿勢が悪いと近視になる

果たして、本を読む姿勢が悪いと、近視になりやすいのでしょうか?
これにも科学的根拠はありません。
正しくは「近視だと本を読む姿勢が悪くなる」だと解釈しています。
ただし、近視の問題は別にして姿勢が悪いのは健康に良いことではないので、近視になるかならないかではではなく、正しい姿勢で、読書をするように心がけましょう。

近視の誤解 テレビの見すぎで近視になる

近視に関する誤解

テレビを見すぎて近視になった


現代の近視の患者の増大のひとつとして、TVの見過ぎ、テレビゲームのし過ぎ、あるいはPCの使い過ぎ、ケータイ電話の画面の見すぎなどで近視になるという事がよく言われますが、コレは本当なのでしょうか?

いずれも科学的根拠はありません。
目の疲労や仮性近視の原因になりますが、その事と近視には関係がない。
しかし、上記のように、目の疲労、仮性近視の原因のひとつになりますので、目を酷使しすぎずに、ほどほどに休ませてあげるのがよいと思います。

近視に関する誤解 メガネをかけると近視が進む

近視に関する誤解

眼鏡をかけると近視が進む


メガネをかけると近視が進むというのは、迷信です。下に示すように、遠視から正視になるまでは自覚症状が無いのに対し正視から近視になると自覚症状が現れる。自覚症状が現れた時期と成長期の関係と、自覚症状の関係などから、眼鏡を掛け始める時期が同じになるためにこのような錯覚を引き起こすのであろう。

続きを読む

近視の誤解1 急に近視になった

近視に関する誤解

「急に」近視になった
急に近視になるということは、錯覚が大きいと思われます。

幼年期には眼球も小さいので、大多数の人は、軸性の遠視の状態になっています。
幼年期に遠視でなく正視であったばあい、成人するころには強度の近視になることが予想される。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。