近視の種類 近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

臨床的なわけ方 病的近視

臨床的なわけ方 病的近視
近視の臨床的な分類のひとつとして、病的近視があります。
何らかの異常により眼軸が伸びて発生する軸性近視を「病的近視」と呼んでいます。
幼児期より発生するケースが多い。
目が大きく、パッチリしている人に、近視の人代わりと多いのが程度の差で、病的とは言い切れないかもしれませんが、これに入ります。

臨床的分類 単純近視

単純近視
近視の臨床的な分類のひとつとして、単純近視というのがあります。
単純近視は、遺伝・環境によって、発生する近視。大半の近視は単純近視に分類されまる。

小学校高学年くらいから始まる事が多く「学校近視」とも呼ばれる。
・「勉強のしすぎ」「漫画の読みすぎ」などとからかわれるのが、これに当てはまります。

近視の臨床的分類

臨床による分類

近視の臨床的なわけ方としては、単純近視・病的禁止がある。近視には、一般的に遺伝・環境が要因とされる。両方が原因となる場合もある。 具体的な原因は今も不明。

仮性近視についてのさまざまな考え方

仮性近視については様々な考え方

仮性近視は存在し、治療すべきである。
仮性近視は存在するが、治療可能なものは稀である。
仮性近視を治療しても治療を中止すれば元に戻ってしまう。一時的に治すだけのために時間・手間・費用を掛けるのは無駄である。
仮性近視が自覚されるほど遠視が弱まっていればいずれ本物の近視になるのは避けられないので、仮性近視を治療しても意味がない。
「治療可能な仮性近視という近視がある」ということを殊更に強調すると近視全般が治療可能であるかのような誤解を招き、効果不明の民間療法を利することになるので良くない。
仮性近視はあるのが当然であり、「治療」するようなものではない。
仮性近視は存在しない。

なぜ仮性近視を治療しても近視になってしまうの?

なぜ仮性近視を治療しても近視になってしまうの?

そもそも仮性近視が自覚されるようになったのは

1.遠視の場合は遠視が弱まる形で現れる

2.正視および極軽い遠視の場合は近視になる形で現れる

上記の1の状態から2の状態になったからである。つまり幼少時の遠視の状態から正視かそれに近い状態まで近視化しているということなのです。
自覚の無いまま近視化の過程の大半がすでに終わってしまっていると言ってもよいのです。

一方、仮性近視を治療しても本物の近視の進行には何の影響も無い。幼少期の遠視がほとんど無くなるまで順調に進んでいた近視が仮性近視を治療した途端に進まなくなるには偶然に頼る他無いが、そのような偶然の起こる可能性は低い。よって仮性近視を治療しても近視になってしまうことが多いのです。

仮性近視の現れ方

・近視の種類
「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。

仮性近視の現れ方は人によって違っている。

1.遠視の場合は遠視が弱まる形で現れる

2.正視および極軽い遠視の場合は近視になる形で現れる

3.近視の場合は近視が強まる形で現れる

仮性近視として通常問題にされるのは2の場合である。1の場合は自覚症状がないし、3の場合は仮性近視が治っても眼鏡等が必要なことに変わりがないのであまり問題にされない。

2の場合は仮性近視を治すことで眼鏡等が不要になるので治療が試みられることがあるが、仮性近視が治ったかどうかに関係なくしばらく経つと本物の近視になってしまうことが多い。

近視の種類 偽近視【仮性近視】

・近視の種類
「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。

偽近視】仮性近視、緊張性近視他項目の仮性近視と同じものであるが、言い方が違うので、一応掲載します。

眼の疲労により一時的に近視のような状態になること。仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれる。近視に含めない考えで単に調節緊張と呼ぶ者もいる。

名前の通り「偽」「仮性」の近視であり、本物の近視とは別物である。偽近視を放置したからといって本物の近視に移行することはないし、逆に目を休ませても治るのは偽近視だけであり本物の近視が治ることはない。 偽近視と本物の近視を併発している場合は目を休ませることにより偽近視の分だけが回復する。

近視の種類 軸性近視

・近視の種類
「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。

軸性近視
軸性近視とは、眼の屈折力は正常で、眼軸が普通より数ミリ長い状態のことで、眼球が通常より前後に長いため水晶体と網膜との距離が長すぎるために、網膜の手前でピントがあってしまいます。

遺伝性の近視は大半が軸性に分類され、補正を必要とする。 眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっており、網膜剥離を起こしやすい状態になっていますので、注意が必要です。

また、一度この軸性近視になってしまうと視力回復には、眼鏡やコンタクトレンズ、レーシックなどの何らかの治療、矯正手術が必要になります。

近視の種類 屈折性近視

近視の種類「近視」といってもいろいろな種類があります。
一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。

屈折性近視
仮性近視の状態のまま視力回復の治療(トレーニング)など、対処を何もしないで、放置していると、3ヶ月〜1年くらいに屈折性近視になるといわれています。

近くのものばかり見ていると毛様体が伸びた状態になりピントが近くにあってしまい、いわゆる近視になってしまいます。

しかし、この屈折性近視の場合でも、よほど重症でない限りは、訓練しだいで回復することがあるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。