近視ってどんなもの? 近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

近視の現代の状況

・近視の現代の状況
現代、近視は増加傾向にある。小中学生でも近視の割合は年々高まり、小学生の1/4、中学生の1/2は近視であると言われる※1。

この増加傾向は、小中学生の生活習慣の変化によるものとも、小中学生の平均身長が伸びたことの不可避的な副産物とも言われている。

近視は目の成長が止まるにつれて進まなくなります。

現代ではパソコンやテレビ、ゲームなどなど、目を酷使する機会が多いため20代後半を過ぎても進む事が多いとも言われるが、目の酷使と近視の進行を結びつける科学的根拠はない。

※1 逆の側から見れば、小学生の3/4近く、中学生の1/2近くは遠視であるということである。正視は近視と遠視の狭間の狭い範囲でしかないので少数しか居らず、近視でない者は殆どが遠視と考えられる。ただし、軽度の遠視は若いうちは矯正の必要がなく、本人も自分が遠視であることすら知らないことが多い。

近視の要因

・近視の要因
眼球の成長(20代前半くらい)の終わった後の最終的な屈折状態(近視または遠視の強さ)は、

1.生まれ持った遠視の強弱
2.成長期における近視化の度合い

の2つで決まる。


最終的な屈折状態を決める要因としては、生まれ持った遠視の強弱が主なものであることで専門家の意見が一致している。つまり、生まれ持った遠視の強さによって将来近視になるかはほぼ決まる。

成長期の近視化の度合いが、100%遺伝だけで決まるかには議論がある。遺伝のみで全て決まるとする説もあれば、環境によって左右されるとする説もある。ただし、いずれにせよ、生まれ持った遠視の強弱に比べれば影響は少ない。

近視の発生3 近視と遠視の関係

・近視の発生3 近視と遠視の関係
この時期(生まれてから20代前半くらい)に近視の症状が現れなかった人は、近視化しなかったのではなく、遠視が十分に強かったために近視が顕在化しなかっただけなのです。

近視の発生3 近視と遠視の関係

・近視の発生3 近視と遠視の関係
この時期(生まれてから20代前半くらい)に近視の症状が現れなかった人は、近視化しなかったのではなく、遠視が十分に強かったために近視が顕在化しなかっただけなのです。

近視の発生2 誰でも近視?

・近視の発生2
誰でも、近視の方向に屈折状態が変化しているということは、
遠視が強かった人は遠視の程度が弱まる。
丁度よい強さの遠視を持っていた者は正視になる。
遠視が弱かった者は近視になる。
遠視の無かった者は強度の近視になるということです。

近視の発生1

・近視の発生1
生まれてから、20代前半くらいににかけては体の成長とともに眼球も成長するので誰でも例外なく近視の方向に屈折状態が変化している。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。