近視の誤解 読書・勉強のしすぎで目が悪くなる 近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

近視の誤解 読書・勉強のしすぎで目が悪くなる

近視の誤解

勉強をしすぎると近視になる
勉強をし過ぎると、あるいは読書をしすぎると近視になるまたは、近視が進むと言われるが、これは、誤りである。

ただ「近視の人はよく勉強をする」とは言えるかもしれない。
近視の人はよく勉強をする説いた理由は、将来近視になる人は小学生のころの遠視が弱いので長時間勉強を続けても目が疲れにくく勉強の習慣が身に付きやすいが、逆に将来近視にならない人は小学生のころの遠視が強いので長時間勉強をすると目が疲れてしまい勉強の習慣が身に付きにくいということがいえるのではないでしょうか。

勉強や読書をしたくない人たちが、言い訳として、勉強・読書をしすぎると近視になるからしないと言い訳をしているだけのような気もします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。