近視に関する誤解 メガネをかけると近視が進む 近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

近視に関する誤解 メガネをかけると近視が進む

近視に関する誤解

眼鏡をかけると近視が進む


メガネをかけると近視が進むというのは、迷信です。下に示すように、遠視から正視になるまでは自覚症状が無いのに対し正視から近視になると自覚症状が現れる。自覚症状が現れた時期と成長期の関係と、自覚症状の関係などから、眼鏡を掛け始める時期が同じになるためにこのような錯覚を引き起こすのであろう。

+2Dの遠視から0Dの正視になった時には本人には自覚がないが、0Dから-2Dの近視になったときには同じ2Dの変化でも裸眼視力の低下という自覚症状がある。つまり、同じ速度で近視化していても0Dを越えるまでは自覚症状が無いのに対し、0Dを越えると自覚症状が現れる。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。