オルソケラトロジーとは 近視矯正法  近視治療(近視の治療と予防で視力回復)

オルソケラトロジーとは 近視矯正法

オルソケラトロジー
 オルソケラトロジー(Ortho-Keratology)。
Orthoは「整った」という意味で、Keratoは「角膜」という意味です。
logyは「学問」をさす。
 つまり、オルソケラトロジーとは、直訳すると「角膜整形学」といういうことになります。

 オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズを使って近視を治す方法のひとつです。ふだん一般的に眼にする通常のコンタクトレンズとはかなり違う特殊なレンズを用いて行います。

 どのように違うのかは、オルソケラトロジー用レンズにはレンズの度数がまったく入っていないません。
夜眠っているときに装着するもので、眠っている間に角膜をコルセットのようにしっかりと正常な形状に整える働きを持った専用のレンズで、角膜を矯正するためのものです。
近視の元となっている角膜自体の形を変えて矯正していこうという方法。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。